ホーム>faberuスタッフブログ>エコロジーのパイオニア「ソーラー腕時計」の魅力
faberuスタッフブログ

エコロジーのパイオニア「ソーラー腕時計」の魅力


エコロジーのパイオニア「ソーラー腕時計」の魅力

腕時計にはいくつか種類があり、現在の主流はクオーツタイプだと言えるでしょう。

しかし、主流ではないからと言って決して他のタイプがクオーツに劣っているとは言えません。
それぞれが独自の魅力を有しています。

腕時計の種類の1つにソーラー腕時計がありますが、これは「エコ」の先駆けと言える製品です。
今回はソーラー腕時計の魅力をご紹介します。

ソーラー腕時計の仕組み


光エネルギーを電気エネルギーに変換して駆動する腕時計。

ダイヤル面で受けた光の一部が、内部にある太陽電池ユニットで電気エネルギーに変換されます。
この電気エネルギーは太陽電池ユニットの下部に設置されている二次電池に蓄えられ、時計を動かすエネルギーへと
変わっていくのです。

太陽光を利用する点だけではなく、二次電池も乾電池・ボタン電池のような使い捨てタイプとは違い、充電と放電を繰り返して使用する物で、非常にエコロジーだと言えるでしょう。

着用していなければゼンマイが止まってしまう自動巻きとは異なり、未着用でも光が当たる場所に置いておけば問題なく
動く
のもソーラー腕時計の魅力です。


充電しやすい環境



ソーラー腕時計と名付けられるだけあって、太陽が当たる環境が最も充電に適しています。
毎日同じ時間に時計を着用し、外出する習慣がある方にとってはうってつけの腕時計と言えるでしょう。
逆に、たまにしか着用しない方には不向きかもしれません。

室内の光でもある程度の充電がなされますが、直射日光に比べると軽微です。
曇りで太陽が見えなくても充電されます。

もちろん光に当たらない引き出しの中では電気エネルギーが発生しないので、腕から外した時でも窓際に置くように
心がけて下さい。
その際、ダイヤル面を光に向けることをお忘れなく。


オススメ商品


セイコー SSCO79P1

世界に誇る日本の時計ブランド・セイコーの海外発売モデルです。
ソーラー腕時計でありながら、クロノグラフを搭載していますし、
10気圧防である点も嬉しいところ。

日付カレンダーやアラームなどもあり、機能性は抜群です。

詳しい商品説明はこちら





カシオ LINEAGE(リニエージ) LIW-M610D-7AJF

フルメタルケースのソーラー電波時計。
優れたデザイン性だけではなく、ストップウォッチ、ワールドタイム、タイマー、アラームなどを搭載。

高機能でありながら10.6mmと驚きの薄さを実現。
電波受信機能は日本、中国、アメリカ、ヨーロッパの標準電波に対応しています。

詳しい商品説明はこちら



シチズン REGUNO(レグノ) RS25-0031B YP

ソーラーテックを搭載したモデルで、電池交換は不要。
お求めやすい価格ですし、ユニセックスなデザインが多いので、
ペアウォッチとしてカップルでご使用するのもオススメです。

詳しい商品説明はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.faberu.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/33