ホーム>faberuスタッフブログ>【カシオの名作】 世界で愛され続ける「G-SHOCK」の魅力とは
faberuスタッフブログ

【カシオの名作】 世界で愛され続ける「G-SHOCK」の魅力とは



腕時計に何を求めるかは人それぞれですが、ハードに使っても壊れないタフさを一番に考えるならば「G-SHOCK」の右に出るものはありません。

1983年から今もカシオ(CASIO)売が続けられているG-SHOCKは、高い耐久力と機能性を魅力とし、日本のみならず世界中で愛されている腕時計です。

今回はカシオが生み出したタフネス腕時計・G-SHOCKの魅力をご紹介します。


壊れないという魅力


1981年、開発チーム「プロジェクトチーム・タフ」が結成され、腕時計に耐久性を付加させるという新たな取り組みが
始まりました。
200を超える試作と耐久テストをクリアし、2年後の1983年に販売がスタート。

アメリカにも輸出されたG-SHOCKですが、当初はアメリカ人もG-SHOCKに対して懐疑的な目をしていました。
というのも、宣伝文句として「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」と謳われていたため、
「言い過ぎではないか?」と思う方が多かったようです。

その後、テレビ番組で検証が行われますが、プロホッケー選手のシュートでも機能性が失われないと判明。

これを機にG-SHOCK人気に火が付きました。

機能



何といっても衝撃、遠心力、振動に耐えうる構造がウリです。
外部衝撃から守るために重要部品は緩衝材で保護され、独特のケース・ベゼル形状をしていますので直接衝撃にも強い全方向ガード構造となっています。
この耐衝撃機能は「SHOCK RESIST」と呼ばれ、全てのG-SHOCKに搭載されているものです。

遠心力も破損の原因となるのですが、G-SHOCKでは航空機用機器に求められる最高等級を超える対遠心重力性能を完備。

激しい振動による破損・誤作動を防止するため、アルファゲルを振動吸収材として採用し、
高い耐震性も持ち合わせています。


また、ストップウォッチ機能やタイマー機能、アラーム機能などが特徴的。
さらに、製品によっては高気圧防水、防塵・防泥機能などが備わっていて、ライフスタイルに合わせて
使い分けることも可能です。


オススメ製品


カシオ G-SHOCK GA-150-1AJF

人気の大型ケースを採用したデジタル・アナログのコンビネーションモデル。
機能は20気圧防水、ストップウォッチ、タイマー、アラームと豊富に搭載されて
います。

大胆かつ立体的な造形で、シンプルでありながらインパクトも強いため、
個性を存分に押し出すことも可能です。

詳しい商品説明はこちら




カシオ G-SHOCK GW-9110-1

G-SHOCKのガルフマンと呼ばれるシリーズ。極限状態でも使用できるように機能面に特化。
メタルパーツは防錆に優れるチタン素材を採用していて、船上や湾岸などの環境でも気兼ねなくご使用いただけます。

カシオ独自のソーラー充電システム「タフソーラー」によって多くの機能の安定性が増加、腕時計本来の持ち味を存分に味わうことが出来るでしょう。

詳しい商品説明はこちら



カシオ G-SHOCK GW-3500BD-1AJF

対遠心重力性能に特化したスカイコックピットモデル。
最高時速370km、最高負荷約12Gといった過酷な状況下でも機能性を
喪失しません。


日本、アメリカ、中国、イギリス、ドイツの標準電波を受信し、時刻を修正してくれる電波受信機能とタフソーラーを搭載し、実用性も高い一品。普段使いにもオススメです。

詳しい商品説明はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.faberu.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/34